「サファリモータース」 は、車の全てを任せて頂ける、’総合自動車’会社 を目指しております。 メンテナンスからレストアまで車の事なら何でもご相談下さい
「サファリモータース」は、国からちゃんと
認定を受けた「
認証工場」です。


工場内に リフトが設置してある車関連の工場を街のあ
ちこちでよくみかけます。
それらの全部が
認証工場(自動車を分解整備出来る工場)と、そうお考えではないでしょうか?
設備が新しく古くても 従業員が多くても少なくても 
認証・指定工場
は、国の指定を受けた整備工場です


平成7年頃の道路交通法の改正により「ユーザー車検」がOKになりました。
つまり前車検・後整備がOKになりました。


簡単な話が、誰でも車検を受験しても良い事になったのですが、その結果・・・今まで認証工場に車検&分解整備を外注に出してた自動車屋さん等が、自前で車検業務を行えるようになった訳なのです。
これがいわゆる「ユーザー代行車検です。

恐らく、これら
未認証工場の殆どは
違法行為」や脱法行為」 といった認識が全くなく、
「自前でも 分解整備が出来てしまうから、何百万円〜何千万円も掛かるような、
国の認証許可を取る必要性や意味が無いではないか」と、
その様に考えられているのが、恐らく現状かと思います。

しかも 
未認証工場に対して、お国は現在の所、さほど積極的に取締りを行っていない様です。
オールドダットサン でも
様々なキャブレターの車 も
車検 とは、

お客様のお車が その時点で
国の基準(保安基準)に適合しているかどうかを、「検査テスター」や「目視」によってチェックするものであって、この検査に合格したからといってそのまま安心してお車を乗り続けられる事を保証するものではありません。


「定期点検整備」は、劣化や磨耗した部分を整備するとともに、今後どう変わって行くかも予測して必要な整備(予防整備)を行い、大きな故障や余分な出費を防ぐと共に、次回の点検までの安心をお客様へ提供するものです。


例えば・・・
古くなってしまった輪ゴムは、もろくて切れやすいものになってしまいますね。
同様に、エンジン力を伝達するベルト類や、水やホコリから部品を保護する役目の「ダストブーツ」も
材質は「ゴム」ですから、伸びの具合や亀裂の状態等をチェックして、次回の点検まで持ちそうもない物は新品に交換してゆく事で、不意のアクシデントなどを出来る限り予防し、次回の点検までのお車に乗られるお客様の安全と安心を提供させて頂きます。


なお、「ブレーキホース」は、外観だけでは良否の判定が出来ない場合があるので、特に「定期交換」が必要になって参ります。


車は、消しゴムのなどの様に形をすり減らす事で、機能を果たしている部品もあります。

「タイヤ・ブレーキパッド・(マニュアル車の)クラッチディスク」等が、それに該当するパーツです。

それらの部品をなくなるまで使う事は、「事故」に結びつく事もありますので、定期的な整備点検・交換 が特に重要です。
佐々木 徳次郎 の学生時代
自動車整備業界 に関わらず、世の中全体の風潮が「高い」「安い」と言った点のみばかりに囚われがちになっていますが、「安全」や「安心」を ともすると引き換えにしてしまってはいませんでしょうか?


整備の為の金額が高いから、車検(整備)は必要ないなどと考えられがちですが、誰でも出来る事なら 車検は「お安く」済ませたいと言うのが本音かと思います。

何も整備しない「ユーザー代行車検」が
安い
整備事業場のプロの「整備付車検」が
高い
その様にお客様方に捉えられているのが、実状なのではないでしょうか?

車に不具合がなければ、整備工場での車検も 整備料金が「
安い」のは当然の事かと思います。


「ユーザー代行車検」に 
安全は確保されてますか?

自動車は機械部品の集合体ですから、走れば当然ながら
消耗品・不具合が発生して来る事は、避けられない事実です。

車社会の中で、私達がご提案できること。


自動車の整備は、是非
認証・指定工場でお受け下さる事をお勧め致します。
エンジンO/H も
交通安全パレードイベント も